ソープで働いたら性病に感染しやすい?性病の種類を教えて!


ソープで働く風俗嬢のなかには、性病に感染した人もいるのではないでしょうか。

性病にかかれば完治するまで出勤出来ず、困りますよね。

今回は、ソープ嬢が性病に感染する確率と性病の種類について解説していきます。

風俗バイトは、昼職に比べて性病感染のリスクが高い仕事です。

性病のなかには、死に至る可能性がある病気もあります。

ソープで働く風俗嬢は、性病感染率と性病の種類を知り、対策をとりましょう。

ソープで働いたら性病に感染しやすい?

ソープで働く風俗嬢の多くは、性病に感染します。

風俗バイトをする女性は、昼職に比べて性病感染率がかなり高くなるからです。

なかでも、ソープは、基本プレイの中に本番行為を含みます。

風俗業界における本番行為とは、風俗嬢がお客さんとセックスをすることです。

S着ソープのように、ゴム着をした上で男性器を挿入するお店はごく少数です。

ほとんどのソープでは、NS(ノースキン)かNN(生中出し)をさせます。

NSとは、コンドームを付けずに性行為にいたることです。

NNは、挿入時にコンドームを付けず、風俗嬢の膣内に射精をすることを指します。

こうしてハードなお仕事内容をこなすソープは、風俗業種のなかでも性病感染率が最も高い業種です。

性病の種類を教えて!

ソープで働く風俗嬢のみなさんは、性病にも種類があることを知っていますか?

風俗嬢が最も感染しやすいと言われる性病には、2種類あります。

1つ目は、クラミジアです。

クラミジアは、女性の場合は無症状であることが多いです。

身体の変化や不調といえば、下腹部に違和感があったり、いつもよりオリモノの量が多いことくらいです。

その為、無自覚のうちに症状が進行することがほとんどです。

2つ目は、淋病です。

クラミジアの次に感染しやすい淋病もまた、無症状のまま進行しやすい性病です。

いずれも生フェラや生中出し行為で感染することが多い軽度の性病に当たります。

他にも、梅毒、ヘルぺス、カンジタ、尖圭コンジローマ、エイズなど多数の性病の種類が挙げられます。

性病は、放っておいて治る病気ではありません。

命の危険に見舞われる前に、対策をとる必要があります。

ソープで働く風俗嬢の性病対策は?


ソープで働く風俗嬢は、定期的に性病検査を行いましょう。

性病検査キットは、性病の種類に合わせて薬局で市販されています。

アマゾンなどのネット通販サイトでも性病検査キットは手に入ります。

ソープ嬢でも容姿に自信がある人は、完全S着ソープへの本入店を目指すのも手です。

完全S着ソープなら、本番行為の際にコンドームを付けます。

その為、性病感染率を大幅に下げることが出来るのです。

日頃からイソジンやグリンスを使用する癖を付けておくのも大事な性病対策です。

お客さん1人の接客につき、必ずイソジンでうがいをすることを徹底してみましょう。
イソジンや、口内や喉の奥に付着した雑菌を除去してくれます。

シャワーを浴びる時は、お湯でグリンスを薄め、お客さんの性器を丁寧に洗いましょう。
これらの対策方法を徹底すれば、今まで以上に性病感染率を下げることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ソープ嬢が性病に感染する確率と性病の種類について解説しました。

ソープ嬢が性病に感染する確率は非常に高く、対策なしでは危険な業種です。

粘膜接触を伴うプレイをいかに安全に行うかで、性病感染率は変わってきます。

命の危険を伴う性病に感染しないようにする為にも、対策は万全にとりましょう。

ソープで働く風俗嬢は、これを機に、上記でご紹介した性病対策を実践してみてください。