稼ぎたい風俗嬢は考えよう!風俗の回転率について!

考える女性
風俗嬢のみなさんは、風俗の「回転率」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
お店の売り上げを高め、風俗嬢も満足な収入を確保するには、回転率が大事なのです。
回転率がいいお店と、そうでないお店とでは、収入に大きな差が出ます。
今回は、風俗の回転率についてお伝えしていきます。
回転率と客入りが連動していることもお分かりいただける内容になっています。
また、回転率が高く稼ぎやすい風俗業種もいくつかご紹介していきます。
風俗の回転率について興味がある風俗嬢は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

風俗の回転率とは?

風俗で言うところの「回転率」とは、その日に出勤している風俗嬢にどれだけお客さんがつくかで計算される数値です。
例えば、10人の風俗嬢に対し、お客さんが5人であれば回転率は50パーセントです。
5人の風俗嬢に対してお客さんが5人なら、回転率は100パーセントになります。
風俗嬢のなかには不人気嬢もいますから、回転率が100パーセントになるお店はないです。

ただ、風俗嬢の質が高いお店なら、80パーセント以上の回転率がとれることもあります。

「回転率がいい」というのは、「客入りが多い」ことでもあります。
反対に、「回転率が悪い」と言われたら、「客入りが少ない」のだと予測しましょう。

風俗の回転率がいいお店ほど、活気があります。
お店の売り上げもいいですし、風俗嬢の入店率も高いです。

回転率がいい風俗店で働けば稼げる?

回転率がいい風俗店で働くことで、稼ぎが増えるのは確実です。

ただ、1つだけ注意すべき点があります。

それは、回転率がよくても激安店だと損をするという点です。
40分コースをこなしてバックが3000円のお店よりは、6000円のお店の方がいいですよね。

激安店に入店すると、通常のバック率から大幅に下がります。
その分、思うように稼げず、体力と精神力ばかり奪われてしまうのです。
回転率がいい風俗店でも、優良店を選んで入店しましょう。

面接時に、詳しいバック金額を教えてもらえますので、そこで判断するのもアリです。
40分の接客をこなせば、ソフトサービス系の風俗でも3000円のバックはもらえます。
ヘルスサービスを提供するなら、6000円~7000円はバックされるはずです。

回転率がいい風俗業種は?

回転率がいい風俗業種は、セクキャバやピンサロで、どちらも時給制を導入しているお店が多いのが特徴です。

セクキャバやピンサロの平均時給は2500円~4000円に設定されており、待機中にも時給は発生します。

ここに、お客さんから追加されたオプション代がバックされます。
接客時間の短さも、セクキャバやピンサロが回転率のいい風俗業種である理由です。

セクキャバやピンサロは、20代の風俗嬢から人気があります。
学生のアルバイトでは稼げないような時給保証がついているのが魅力的なのでしょう。

出勤したからには給料保証が欲しい、と思う風俗嬢に最適な風俗業種でもあります。
これを機に、回転率がいい風俗業種も入店の候補に含めてみましょう。
時給制の風俗バイトと、完全歩合制の風俗バイトを掛け持ちするのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、風俗の回転率についてお伝えしてきました。
回転率が高く客入りも見込めるセクキャバやピンサロは、人気の風俗業種です。
人気の理由は、やはり回転率が良ければそれだけお客さんが増えやすいからです。
お客さんが増えれば指名率が上がり、高収入を得やすくなります。
回転率が高い風俗店ほど、客入り数・待遇・風俗嬢の入店率もいいのです。
本腰を入れて稼ぎたい風俗嬢は、回転率が高いお店に入店してみてはいかがでしょうか。