コスプレ風俗で働いたらこんなトラブルがあった

コスプレ
コスプレを導入し、プレイの種類が多様化するイメクラでは、トラブルは付き物です。

在籍女性は、自分が出来ないプレイは、あらかじめNG指定しておきましょうね。

今回は、コスプレ風俗で実際に起こったトラブル例をご紹介します。

プレイ内容に関するトラブルだけでなく、風俗客の本番強要も頻発しています。

各トラブルへの対処法も解説しますので、コスプレ風俗で働く女性は参考にして下さい。

コスプレ風俗で頻発するトラブル例2選

コスプレ風俗の特徴や仕事内容から、トラブルに発展しがちな例を2つご紹介します。

本番強要や拷問的プレイの強要

コスプレ風俗では、プレイ内容が他の風俗職種よりも種類豊富です。

基本的なヘルスサービスがあるほか、コスプレ衣装にも対応しているのです。

プレイ内容が充実することで、指名率は上がるわけですから、大きなメリットと言えます。

しかし、プレイの種類が多いからこそのデメリットもあります。

ソープやSMクラブと勘違いした男性から、乱暴されるリスクもあるわけです。

女性側の落ち度による風俗客からのクレーム

うっかり対応不可なプレイをNG指定し忘れ、風俗客が激怒する例ですね。

これは、確認をしなかった風俗嬢側のミスです。

コスプレ風俗で遊ぶには、決して安くはない料金がかかります。

風俗客が前料金を支払っているにもかかわらず、目的のプレイが出来ないのはいけません。

コスプレ風俗で起こったトラブルには誰が対応する?

風俗嬢と風俗客の間で起こったトラブルには、スタッフや店長が対応します。

なぜなら、風俗客は男性だからです。

男性が憤慨している時に、女性である風俗嬢1人でトラブルに対処するのは危険です。

必ず風俗店の男性スタッフや店長が、風俗嬢の代わりに謝罪をします。

ただし、トラブル内容次第では、風俗店側は警察を呼ぶこともあります。

風俗客が風俗嬢に本番強要したり、暴力をふるった場合は、刑事事件として処罰されます。

実際に、コスプレ風俗に限らず、悪質な風俗客が刑事処分された例は多いのです。

風俗客が風俗店に罰金を支払うこともあります。

あるいは、風俗店の店長直々に、トラブルを起こした風俗客の個人情報がブラックリストに掲載されることもあるのです。

コスプレ風俗で快適に働く女性は、トラブル対処能力も必要不可欠なスキルですね。

風俗嬢向け!本番強要やクレームへの対処法

風俗客から本番強要された時、あなたはどうしていますか?

怖いからといって、風俗客のなすがままになるのは間違いです。

コスプレ風俗で本番強要をされたら、迷わず大声で助けを求めましょう。

風俗店内は、コスプレ風俗ならば、個室で接客するはずです。

叫べないように口元を封じられているのなら、風俗客の急所を蹴り上げましょう。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、時には自分の身を守る為にそうした行動も必要です。

クレームを受けた場合、自分に落ち度があればすぐに謝罪しましょう。

その際は、風俗客よりも目線を低くし、きちんと頭を下げて謝って下さい。

クレームを大きくする要因は、風俗嬢の謝罪の姿勢が良くないからという場合が多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、コスプレ風俗で実際に起こったトラブル例をご紹介しました。

一見すると華やかなコスプレ風俗ですが、裏ではトラブルも起こっています。

本番強要やクレームリスクを抑えるには、風俗客の満足度を一番に考えることです。

コスプレ風俗で働く風俗嬢の中には、それが出来ない女性も少なくありません。

「自分がされて嫌なことは風俗客にもしない」を大前提としましょう。