風俗の説教客はこんな点が厄介!対処法は?

対処法

風俗の説教客に当たった経験はありますか?
説教客は、風俗嬢にとってかなり厄介な存在ですよね。
1度説教客に捕まると、サービス時間の終了などお構いなしに説教をされます。
今回は、風俗の説教客への対処法についてお伝えしていきます。
説教客が厄介な点を知り、自分の稼ぎに影響が出ないうちに対処することが大切です。
どんな風俗店にも説教客は来店しますので、対処法を知っておいて損はありません。
風俗嬢のみなさんは、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

説教客とは?

説教客とは、風俗店の男性スタッフや風俗嬢に説教をしてくる面倒なお客さんです。
延々と説教をされることで、男性スタッフは他のお客さんの対応が出来ません。
風俗嬢も、他の指名客への接客が遅れ、かなり迷惑します。
説教客は、周囲への迷惑をまったく考えません。
まるでクレーマーのように、自分の気が済むまで説教し続けます。
多くの風俗店では、円滑な営業の為に、説教客と判断した人をNG指定します。
悪質な説教客の場合は、風俗業界のブラックリストで情報共有されることもあります。
困るのは、ブラックリストに未登録の説教客です。
説教客が、いつ誰に当たるかは予測できません。
その為、忙しい時に限って説教客の対応に追われることもしばしばあります。

風俗の説教客はこんな点が厄介!

風俗の説教客には、厄介な点があります。
本項では、大きく分けて3つほど説教客の厄介な点をお伝えしていきます。
1点目は、「説教する時間の長さを考えない」点です。
説教客は、お店や風俗嬢の忙しさなど考えません。
とにかく自分の主張に対して相手が納得するまで、ひたすら説教を続けます。
2点目は、「他のお客さんにも八つ当たりする」点です。
風俗店が混み合っている場合、お客さんは店内の待合席で自分の順番を待ちます。
その場に、説教客が紛れ込んでいることもあります。
ひょんなことで説教客が怒ると、他のお客さんにまでとばっちりが及ぶこともあるのです。
3点目は、「お店の売り上げが落ちる」点です。
上記2点の厄介ごとから推測出来るように、風俗店に説教客が来ると売り上げが落ちます。
スタッフや風俗嬢は説教客の対応に追われ、順番待ちのお客さんが不満を抱き始めます。
そうなると、お客さんは退店していってしまうのです。

説教客への対処法3選

説教客に当たった場合の対処法を3つご紹介していきます。
1つ目は、「NG指定にする」方法です。
周りへの迷惑を考えない理不尽な説教客は、即NG客に指定しましょう。
お客さんは、その説教客1人だけではありません。
説教客を満足させる方法を考えるよりは、他の指名客を増やす方が賢明です。
2つ目は、「営業妨害で警察を呼びますと伝える」方法です。
説教客は、相手が下手に出るほどつけ上がります。
お店の営業や接客に支障が出る前に、警察に対応を代わってもらいましょう。
3つ目は、「場所を変える」方法です。
例えば、お店の入り口付近で説教客に捕まったら、個室に移動しましょう。
その際、対応するのは男性スタッフ1人で十分です。
他のスタッフや風俗嬢は、通常通り営業や接客にまわればOKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、風俗の説教客への対処法についてお伝えしてきました。
説教客に捕まると、営業や接客に支障が出ることもあり、非常に迷惑ですよね。
ただ、「いかにお店の売り上げや風俗嬢の給料に影響を出さないか」を考えれば対処法が見えてくるはずです。
説教客に対応する人数や時間についても視野に入れながら対応しましょう。
売り上げに支障が出るようなら、迷わず警察に連絡するのが最適な対処法です。