風俗のおもしろネタ

おもしろネタ
風俗は閉じた世界ですので、なかなか情報が出回ることもないです。

あっても、悪口ばっかりの掲示板とお店のマーケティングだけで中が見えないですよね。

もちろん女の子のブログとかありますけど、風俗の話というよりも、日常の話だったり、遊びに来てねっていう感じの内容なので、やっぱり風俗の中の話は見られないもの。

まぁ、あんまりお客さんとのあれこれが書いてあってもどうしていいのかわかんないですけどね。

というわけで、風俗であったおもしろい話をしてみたいと思います。

尻が好き

私がアナル責めOKにしているので、尻好きなお客さんは結構来ます。

尻好きにも2種類あって、尻が好きな人とアナルが好きな人がいます。

前者は尻をひたすら撫で回し舐め回し揉み解し、とひたすらに尻を堪能していきます。

前に居たお店で「夜這い体験コース」があって、ベッドでお客さんの指定した格好で待ってるのですが、四つん這いって指定するお客さんは100%尻好きでしたね。

頬ずりまでされると「そんなに好きなのか!」と問いかけたくなります。

けれど、世の中には「尻を責める」のが好きなんじゃなくて「尻を責められるのが好き」って人が一定数存在するんです。

これも、尻を舐めるとか、アナル舐めるくらいだったら驚きもしません。

「中を責めてくれ」というびっくりなお客さんがいるんです。

「どこまで責めていいんですか?」

「どこまででも♡」

と言われたあの時は真剣に悩みました。

あの人は、本当はバイでタチかネコならネコだったんじゃないかと思ってます。

真相は聞けませんでしたが、一度やってもらったらはまったと言っていたので…。

尻が好きって言っても、女の子の尻とは限らないのです。

迷子

ホテヘルやデリヘルで働いていると、必ずぶちあたる問題。それはホテルの場所。

所謂ホテル街には数多くのホテルがあり、1度や2度じゃ場所は覚えられません。

もちろんお店から地図はもらっていますが、改装してたり、改装終わったらホテル名変わってたりと、自分で地図も更新していかなくちゃいけません。

そして、ホテルで最も厄介なのは系列店。

呪いたくなります。同じような名前で同じような場所にあって、区別つきにくい!

しかも、本館と別館は入り口一緒なのに中で分岐してるとか、どんなダンジョンだ。

でも近くにあればまだいいです。間違えてもすぐ移動できるから。

よりにもよって道路挟んで真反対にあるとか本当に迷惑!

そうよ、方向音痴の私は過去に何度も迷子になってるわよ。

待機場から近すぎて見つけられなかったとかいう酷い話もあるわよ。

お客さんに何度「遅れてごめんなさい。迷いました。」というはめになったことか。

ホテルの名前はぜひとも、系列店でもわかりやすくしてもらいたいものです。

お悩み相談室

プレイも終わってまったりしている時間、短い時間だといいんですが、思いの外時間が余ると長いおしゃべりタイムになってしまいます。

当り障りのないことを話したりするのですが、たまに話しが広がってなぜかお悩み相談室になることがあります。

スマホの使い方がよくわかんなくて教えて欲しい、なんてライトな相談から、今付き合ってる人と結婚するべきかなんてヘビーな相談まで多種多様です。

流石に結婚相談された時は「私でいいのか!?」と思いましたが、多分親しい人には相談できないことだったんだろうなと思います。

ちなみに話を聞く限りかなり難ありな女性だったので「全力でオススメしません。別れた方がお互いのためだと思います」とお伝えしました。

あの人、結局どうしたんだろうなぁ。

「風俗で遊んだことがバレない方法って何?」とか、どうしようもない相談もありますね。

言わなきゃいいだけだし、怖いなら遊ぶなよと。相手に寄り添うことは大切ですが、たまに蹴飛ばしたくなります。

まとめ

なかなか殺気立ったオフィスだとないかもしれませんが、おもしろいことなんてどこの世界にもあることです。

風俗の場合、そのおもしろかったことがなかなか共有出来ないだけで、同じようにおもしろいことは起きています。

色っぽい話だけじゃなく、おもしろい話もたまにはいいですよね。

風俗のおもしろい話はまだまだお客さんの数だけ、出勤の数だけあります。

一緒に笑ってもらえたら幸いです。