デリヘルで働くメリットとデメリット

メリット、デメリットについて考える女性

デリヘルは、風俗業種のなかでも風俗嬢たちから支持されやすいお仕事です。
風俗バイトの魅力は、なんと言っても一般のアルバイトよりも稼げる点にあります。

ただ、それだけではないのです。
今回は、デリヘルで働くメリットとデメリットについてお伝えしていきたいと思います。

どんなお仕事にもメリットとデメリットがあります。
メリットとデメリットを理解することで、稼ぐ為の仕組みを把握しやすくなるでしょう。

デリヘルで働くことを検討している女性は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

デリヘルとは?

デリヘルとは、デリバリーヘルスの略称で無店舗型風俗の1つです。
お客さんに指定された場所に向かい、ヘルスサービスを提供します。
ヘルスサービスとは、風俗嬢が男性客に対して口と手を使って行う性的なサービスです。

デリヘルのお仕事内容としては、キス(Dキス)・全身リップ・手コキ・フェラ・素股などが含まれます。

ヘルスサービスを駆使して男性客を射精へと導くのがデリヘルで働く風俗嬢のお仕事です。

接客を受ける場所を指定出来るデリヘルならば、プライベートで女性と過ごすような感覚を受けられます。

その為、デリヘルの客層は、風俗嬢と2人きりで過ごしたい方たちばかりなのです。
デリヘルでは、ソープのような本番行為をすることはありません。

ですが、密室でサービスを受けることでリラックス出来るデリヘルの利用者は多いです。

デリヘルで働くメリット

デリヘルで働くメリットは、大きく分けて3つあります。
メリットを把握することで接客に活かせますので、ぜひ知識としてもっておきましょう。

1つ目は、伸び伸びと接客が出来る点です。
デリヘルでは、お客さんに指定された場所まで風俗嬢が出向きます。
その為、接客時はお客さんと2人きりになるのです。
店舗型の風俗店とは違い、周囲から監視されている感覚がありません。
風俗嬢たちの本来の接客を発揮しやすいのは、大きなメリットと言えます。

2つ目は、服装が自由な点です。
イメクラなどコンセプトの決まっている風俗店では、ある程度服装が指定されます。
デリヘルでは、服装が指定されることはありません。
風俗業界において支持されやすいスカートスタイルであれば、色合いやデザインは風俗嬢の好みで選べます。

3つ目は、お客さんのタイプが多様化している点です。
上述したように、デリヘルではお店のコンセプトが決まっていません。
様々な個性をもった風俗嬢が在籍しています。
その為、お客さんのタイプも分かれやすいのです。
タイプが分かれるということは、それだけ自分にも稼ぐチャンスが広がるということです。

デリヘルで働くデメリット

デリヘルで働くメリットがあれば、デメリットもあります。
デメリットに注意することで、デリヘルで働く際、事前にリスク回避が出来ます。

1つ目は、身バレしやすい点です。
店舗型風俗なら、出勤中に外出することはほとんどありません。
ですが、デリヘルは、徒歩で接客場所まで向かうことがあります。
その為、目的地に着くまでに知人に目撃される確率も高くなるのです。

2つ目は、性病感染のリスクが高い点です。
デリヘルでは、粘膜接触を伴うプレイを数多くこなします。
性病は、粘膜接触を伴う回数を重ねるほどに感染率が上がる性器の病気です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、デリヘルで働くメリットとデメリットについてお伝えしてきました。
どのお仕事にもメリットとデメリットが混在します。

デリヘルで働くなら、メリットと以上にデメリットを知っておきましょう。
風俗嬢にとって一番必要なのは、リスク回避をする力です。

デリヘルで効率よく稼ぐ為にも、上記の内容を熟読することをおすすめします。