SMクラブの講習~M女編~

M女

いまSMクラブに注目が集まっているって知っていましたか?

普通のヘルスやソープランドでは味わえない、アブノーマルな世界。
それがSMクラブの魅力です。

一般的な風俗よりも、一層のテクニックやセンスが必要とされる分、女の子が手にするお給料もUPするので頑張りがいがあるお仕事です。

今日はSMクラブの講習~M女編~をお届けします。
これを読んで、立派なM女を目指しましょう!!

M女とは

SMクラブには主に2種類の女の子が在籍しています。
いわゆる『女王様』と『M女』です。

M女は、サディスティックな性癖を持っているお客様のお相手を専門にします。
求められるさまざまなプレイを、従順にご奉仕するのがお仕事です。

入店の前には講習があり、そこでM女に必要なノウハウを身に着けることになります。

M女に必要な技術

体力

M女に最も必要なものは何か?と聞かれたら私は真っ先に「体力!」と答えます。
そのくらい、M女は体力を使うお仕事なのです。

普段のSEXではしないような体勢をさせられたり、ちょっぴりハードなオプションがあったりするので、どうしても、ヘルスやソープ以上に体力を消耗してしまいます。

体力は、一日や二日で向上するものではないのでM女を目指しているみなさんは
ぜひ普段から体力づくりを心掛けてくださいね。

また、体力にあまり自信のない女の子は出勤時間を短めにしたり、お仕事の本数を制限したりすることも可能ですので、お店の方と相談してください。

「虐めたい」と思わせる仕草

M女は、基本的にお客様をリードする必要がありません。
プレイ時間中、女の子は受け身に徹し、お客様のペースでお客様の好きなように
過ごしていただきます。

しかし、いくら受け身とはいえ、マグロ状態ではお客様も盛り上がりません。
お客様が「もっと虐めたい!」と思ってくださるような仕草が重要になります。

たとえば
『下着を脱がされるときには、恥ずかしそうに顔をそむける』
『攻められている最中に「もっとしてください」と苦しそうに言う』
『お客様のモノをできるだけ直視しない』などなど。

プレイ自体は受け身ですが、お客様の気持ちを盛り上げるエッセンスを要所要所にちりばめることでプレイ時間にメリハリがついて、より質の高い時間を提供することができるでしょう。

危険を感じたときの対処法

M女のオプションの中には、浣腸、ロウソク、拘束具など、遊び方を間違えると大きなけがにつながるものも多々あります。

たいていのお客様は、それらの道具を正しく使ってくれますが、中には無理やり女の子が嫌がるような使い方をしてくる方もいらっしゃるのが現実です。

SMクラブの場合、多くがデリバリー形式をとっているので、近くにスタッフがいない場合が多いです。

そのため、危険を感じた時には、自分の力でその場から脱出をしなければいけません。

ポイントは「お客様を逆上させない」ことです。

例えば携帯電話が鳴ったふりをして『忘れ物をしてしまったのでスタッフが届けに来ているようなので取りに行ってくる』などと説明をするとよいでしょう。

プレイ道具はそのままにして、貴重品だけ持って、静かにお部屋を出ます。

フロントがあるホテルならば、事情を話せば、スタッフが迎えに来るまで待たせてくれることもあります。

フロントに人がいないようであれば、ホテルを出て、人の多いコンビニなどでスタッフに連絡を入れましょう。

デリバリー形式のお店で働く以上、自分の身は自分で守る覚悟をしなければいけません。

お店のスタッフとも有事の際の連絡方法についてはよく確認をしておきましょう。

まとめ

はじめにも書きましたが、今SMクラブは大変注目を集めています。

特に「女の子を攻めまくりたい!」という男性からの需要が非常に多いのですが、どのお店も女の子が足りていないという状況が続いています。

女の子にとっては今がまさに「稼ぎ時」状態なのです。

もちろん、リスクがまったくないわけではありませんが、それはどの業種も同じです。

自分の身をしっかり守ることさえ頭に入れておけば、売れっ子になれること間違いなしです。

ぜひSMクラブで、新たな自分を発見してください!!