こんなにあるの!?知らなきゃ損するソープランドの引かれもの一覧

知らなきゃ損

ソープランドで働き始めると、事前に説明を受けた手取りよりも、実際のお給料が少ない…と
戸惑う人もいるかもしれません。

実は、ソープランドにはさまざまな名目で女の子からお金を徴収するシステムがあります。
手取りが高いお店で働いても、引かれものが多ければ結局は手取りの安いお店と変わらない…

なんてことも。

知らなきゃ絶対損をする「引かれもの」の実態、目安の金額も併せてご紹介していきます!

雑費(月ごと、日ごと)

これは、ほとんどのお店が導入しているシステムです。

お仕事で使うボディソープやローション、あるいは光熱費代だと思ってください。
お仕事1本につき〇円、というパターンと一日一律〇円、という場合があります。

目安としては、

吉原超高級店A お仕事1本につき3000円
吉原超高級店B 一日5000円

タオル代

ソープランドで一日に使用されるタオルの数は想像以上に多いです。

私の場合、一人の接客で10枚くらいは平気で使います。

このタオルは、業者に洗濯を依頼しているお店が多いので、そのクリーニング代として女の子の手取りからいくらか引かれます。

雑費のなかに含まれている場合もあります。

私が働いたソープではタオル代を取っているところはありませんでした。

お茶代

集団待機のお店では、待機室に飲み物やお菓子が常備してあります。

待機中の女の子はそれらを自由に飲食できます。

その飲み物やお菓子の費用を、お茶代として徴収しているお店もあります。

毎日飲み物やお菓子を準備しなくていいのは、とても助かりました。

お茶代を払っている分、ばんばん飲み物もお菓子ももらっていましたよ!

目安としては、

吉原超高級店A 一日3000円
吉原超高級店B 毎月5000円~9000円(出勤日数により変動)

ボーナス

ボーナス、と聞くと、手取りとは別にお金がもらえるのかと思いがちですが、ソープでのボーナスは女の子がお店に支払います。

昔はよくボーナスをとっているお店があったようですが、今ではその数はかなり減っていると聞きます。

それでも吉原の某店では月に30000円ものボーナスが引かれるとか…

その分たくさん稼げればいいですが、暇な時期にこのボーナスは痛手ですよね。

まとめ

お店によっても引かれものの種類や額はまちまちですので、入店前のできれば面接の際にしっかり確認しておきましょう。

手取りの高さにつられて入店したら、引かれもので痛い目にあった…

なんてことにならないように、遠慮せずにどんどん確認してください。