コンドームが外れちゃった!!慌てる前に覚えておきたい対処法

コンドームが外れた

コンドーム着用のサービスを行うお店で働いていると時々起こってしまうハプニング。

それが「ゴム外れ」です。

ぴったりのサイズのコンドームを使用して、しっかりと根元まで装着すれば基本的に外れてしまうことはほとんどありません。

しかし稀に、お客様のモノが縮んでしまうことによって、コンドームが外れてしまうことがあるのです。

正直焦りますし、凹みますが、慌てずに正しい対処をすれば、妊娠や性病のリスクを少しでも減らすことができます。

急なコンドームトラブルの時に、ぜひ覚えておいてほしい対処法をお伝えしていきます!

まずは膣内を洗浄しよう

コンドームの外れに気が付いたら、「ゴムが外れていたので処理してきますね」と言って、シャワーへ向かいましょう。

もともとコンドーム着用のお店なのですから、そこは堂々としていてOKです。

シャワーで外陰部を軽く流し、そのあとセペを使用して膣内を洗浄します。

セペはドラッグストアの生理用品売り場に置いてありますので、常備しておくと安心です。

また、もし接客終了後、婦人科が開いている時間帯だったら、改めて膣内洗浄と膣内の炎症止めの薬を入れてもらうといいでしょう。

接客後、必ずスタッフに報告を

お客様の中には、わざとコンドームを外そうとする悪質な人もいるので、コンドームのトラブルがあった時には念のためお店のスタッフに報告しておきます。

常習のようであれば出入り禁止にすることもできますからね。

ほかの女の子を同じような被害から守ることにもなるのです。

アフターピルの服用

望まない妊娠を避けるためのアフターピルというお薬があります。

性行為から72時間以内に服用することで、妊娠を避けることができるものです。

普段から低用量ピルを服用している方なら、妊娠の可能性はほとんどありませんが、万が一低用量ピルを服用していない方は、かならずアフターピルを処方してもらいましょう。

婦人科や美容クリニックなどで処方してもらえますが、保険が使えませんので自費診療です。

このアフターピルは、まれに吐き気やむくみなどの副作用がみられることがありますので、服用後はあまり無理をせずに安静に過ごすようにしましょう。

数週間~1か月後に性病検査を

性病は、種類によっては数週間から数か月の潜伏期間があると言われています。

コンドームが外れるトラブルがあった場合には1週間後に1回、そして1か月後にもう1回を目安に性病検査を受けるようにしましょう。

自分の身を守るのは自分しかいません。

まとめ

急なコンドームトラブルは、いざ起こると冷静な対処が難しいもの。

頭の片隅に正しい対処法を置いておくだけで、トラブルの時の冷静さが保てます。
自分の身はしっかり自分でケアして、元気に稼ぎましょう!