今さら聞けない風俗の疑問を徹底解説

風俗の疑問

風俗の仕事を始めた人は、色々な事情を抱えています。

殆どが金銭的な問題ですが、その内容は十人十色みんな違います。他にも稼ごうと思えば稼げる職種もあるし、普通の人に言える仕事だって山のようにあります。それでも風俗を選んだのだから理由があるのでしょう。

そして、きっと最後は勢いでお店に問い合わせをして働くことになったと思います。

さて、私もそうだったのですが、働くにあたって知識がほしいところです。ところが最近は個別待機や、集団待機でも女の子同士のお喋り禁止とかであまり情報交換ができなくなっています。

教えてくれるのはお店のスタッフとマニュアルのみ。

お店のスタッフも女性だったらまだいいですが、男性だと聞きにくかったりしますよね。面接の時だって緊張して聞けなかったこともあると思います。

そんなちょっとした、でも今更聞くのもどうだろうっていうような質問にお答えしたいと思います。

本番ってしなくちゃいけない?

初めて入ったお客さんに「ここのお店はダメって言ってるけど、みんなしてるよ」なんて言われたら「え、実はそうなの???」ってなっちゃいますよね。

私の知らない暗黙の了解なのか!と思っちゃいますよね。

大丈夫です、ソープ以外は本番禁止です。

やっちゃダメです。そうやってヤろうとするダメな男がどっさりいますが、断ってください。

引き下がればそれで良し、もしも無理やりヤろうとしてきたら「お店に確認します」って言って電話してください。流されてはいけません。

そこまで言えばだいたい引き下がりますが、引き下がらなければ電話して男性スタッフに説明させてください。

あと、本当に酷い話ですが、デリヘルやホテヘルでお店側が本番を容認しているお店も存在します。そんな店はさっさと辞めていっそ通報してください。

実際それで警察に目をつけられて逮捕されたり潰れたお店もあります。

とにかく、ソープ以外は原則本番は禁止です。安心してください。

外待機とは?

デリヘルなんかだとよくあるのが外待機。ホテヘルでも希望すれば外待機出来ます。

外待機は、要はお店の指定した待機場ではない別の場所にいることです。もちろんすぐに移動できなければいけませんのでその地域の外にいることは出来ません。

池袋なら池袋。新宿なら新宿。鶯谷なら鶯谷。池袋や新宿は広いですので、どこに居てもいいわけじゃなくて、すぐにホテルに行かれる位置にいなくてはいけません。なので、いられる場所はある程度限られます。

マックにいたり、カフェにいたり、ネカフェにいたり、人によっては車通勤してきて車の中で待機していたりします。

メリットは自分の好きなことを人目を気にせずにやれること。特に待機場はWi-Fiなんて飛んでませんので、何かネットを使って作業したいとかそういう人は外にいます。

あと、他の女の子との相性が悪くて居たくないとか、部屋が気に入らないとか。

デメリットは、場所代は自分持ちの場合がほとんどということです。場所によってはそういう女の子がたくさんで居場所がなかなか確保できないこともあります。

そういうことも加味した上で、待機場で待機するか外で待機するか選ぶといいでしょう。

確定申告ってどうすればいいの?

風俗のお仕事は基本的に他の職種と違います。

風俗嬢はお店に雇われているというわけではないんです。稀に表向きに会社があってそこの社員扱いになってたりするようですが、まずほぼありません。

私達はお店に仲介をしてもらっている個人事業主という立場になります。

だから雇用保険もありませんし、社会保障もありません。税金も納めていません。

マイナンバーをお店に提出しなくていいというのはそういうことなのです。

ですので、その代わりに確定申告やなんやで必要な書類はお店に出してもらえません。

給与証明くらいは作ってくれるかもしれませんが、あまり役にはたたないでしょう。

国としてはここをつついて税金を取りたいところです。なので近い将来そういう面倒なことが色々発生する可能性はあります。

法律がどうなるかはまだわかりませんが、今まで貰えていたお金が変わっていく可能性は低くありません。

いまのところ、確定申告はしたら税金を取られ、家族にバレ、あんまりいいことはないので、できれば隠し通したほうが得策でしょう。

性病検査はした方がいい?

お店によっては義務付けられていますが、そうじゃないお店も多いです。

性病検査は、1回1万円弱といったところです。検査キットを買ってそれで血液を採取して送って結果が郵送されてくるパターンと、婦人科で検査してもらうパターンと2つあります。義務付けられているお店はお店の指示に従いましょう。

お店側が何も言わないところは個人の都合でいいと思いますが、1回位はやっておいて損はないと思います。自宅に届くのが困る場合はお店に届くようにしてもらえないか聞いてみるといいでしょう。

男性器をきちんとグリンスで洗っていて、男性が痛がったり痒がったりしなければ大体は防げるので大丈夫です。

カンジダだけは、元々女性が保菌していて体調次第で発症しますので、それだけは自分で気をつけましょう。清潔にして健康であれば大丈夫です。

あと、ヘルペスウイルス持ちは稀に性器ヘルペスを発症しますし、相手にうつします。

これは保菌しているだけだと無自覚なので危険です。水疱瘡にかかったことのある人は、完全に菌が死滅せずに神経内に残っていることがあるんです。

そういうことがあるので、1回は検査をしたほうが安全です。

まとめ

他にもまだまだギモンはあると思いますが、最初の頃に感じたものはこんなところです。

わからないことは、聞きにくいと思いますが、スタッフの人やベテランそうな女の子に聞いてみてください。中にはこうやってネットで探せるものもあると思います。ギモンはスッキリさせて働きましょう。