風俗嬢なら共感!?「風俗あるある」集めました!

共感している女性
仕事をしていると、その業界の「あるある」って必ずありますよね。

実は風俗業界でも同じなんです!

風俗で働いているあなたが思わず「あるある!」とうなづいちゃうような「風俗あるある」を集めてみました。

※あくまで私の私見ですので、必ずしもすべての風俗嬢の方に当てはまるとは限りません。

「また来るよ」という客は大抵来ない

帰りがけに、やけににこにこしながら「また来るよ」と言ってくださるお客様がいらっしゃいます。

しかしそういう方はなぜかほとんどリピートしてくれません。

むすっとしてお帰りになったのなら、こちらに何か非が合ったのかなと反省することもできるのですが…不思議ですよね。

お客様の「また来るよ」は真に受けずに、「はいはい」と受け流すようにしましょう。

太っている人のアソコは意外と小さい

たま~にものすごく太っているお客様が遊びに来ます。

内心ご対面時は「げげ~、デブかあ」と思うのですが、実は太めの人ってアソコが小さい方が多いんです。

だからフェラやソープで働いている人はラクチン♪

ただし、普段からお肉や皮に埋もれてきれいにアソコが洗えていない場合が多いので、シャワーの時は特に念入りに洗ってあげましょう!

「今日は稼ぐぞ~」と気合を入れて出勤した日に限って暇

朝から気合入れてお化粧したりヘアセットしたりして「よっしゃ~頑張るぞ!」と出勤した日に限ってお店がシーンとしている…

あるいはその逆で、「今日はしんどいから暇でいいや~」と思っている日に限ってめちゃくちゃ忙しい!!

これ本当によくあります。

気合を入れすぎたり、だらけすぎたりせずに、ニュートラルな気持ちで出勤するといいのかなあ。

口開けに変な客につくと、その日はなぜか変な客に当たる

出勤して一発目のお客様ってその日の客層を表していることが多いんです。

口開けが変なお客様だと、その日はずっと変なお客様だったり、一本目にすごくいいお客様が遊んでくださると、次々と優しいお客様についたり…

だからその日一人目のお客様と対面するとき風俗嬢は結構緊張しているんですよ~。

「友達に誘われて来た」という客は、ガッツく可能性大

たま~にいるんですよね。

「友達に誘われて」とか「接待で」ってわざわざ言って「俺は別に来たくなかった」オーラを出す人。

かっこつけてるつもりかもしれないんですがそういう人に限ってこちらが服を脱ぐとガッツキ…

しかも時間ぎりぎりまで…

来たくなかったのならプレイせずにお話だけにすればいいのにねって、いつも思います。

まとめ

いかがでしたか。

この記事を書きながら、あるあるすぎて私自身もムカついてきました(笑)

「あるある!」と思っていただける項目はありましたか?

風俗は、ストレスもたまるお仕事ですが、たまには「あるある」ネタでも読んで「みんなも同じような思いしてるんだなあ」って笑い飛ばしてくださいね!