コスプレ風俗と他の風俗の違い!どんな女性が向いている?

コスプレ風俗といえば、非日常な空間を提供する男性に人気の風俗職種ですよね。

在籍女性は、お店のコンセプトに沿ったコスプレ衣装を着て接客するのが特徴です。

今回は、コスプレ風俗と他の風俗の違いについてお伝えします。

風俗店は首都圏に集中している為、コスプレ風俗の総店舗数も首都圏が最多です。

首都圏周辺にお住まいの女性は、ぜひコスプレ風俗に向いていれば働いてみましょう。

男心をくすぐるコスプレ風俗は、若い時に働くのがおすすめです。

コスプレ風俗と他の風俗諸種との違い

風俗業界で最も人気がある風俗職種は、デリヘルです。
デリヘルは、無店舗型風俗とも呼ばれ、接客場所は店外になります。

一方、コスプレ風俗(イメクラ)は、店舗型風俗です。
接客は店内で行い、店外デートは禁じられています。
デリヘルやその他の風俗諸種にはないコスプレ風俗の特徴といえば、コスプレです。

来店した風俗客から指定されたコスプレ衣装を着用し、接客を行います。

女性の中には、アニメキャラクターの衣装を自前で用意して着用する子もいるようです。

各店によってコンセプトがありますが、コスプレ衣装については自由度が高めです。

東京・神奈川・秋葉原などに有名店が多いのも、コスプレ風俗の特徴です。

イメクラ以外の風俗職種ですと、コンセプトはあってもコスプレはありません。

その為、他店との差別化が難しく、風俗客の印象に残りにくいという点がデメリットです。

コスプレ風俗なら、カラフルなコスプレ衣装を着用することで風俗客の心に残ります。

コスプレ風俗の年齢制限

一般に、風俗店で働けるのは18歳以上で、なおかつ高校を卒業した女性のみです。

コスプレ風俗でも同じ年齢制限が設けられています。

ただし、「いつまで働けるか」という退店目安年齢が異なります。

イメクラで働く大抵の女性は、20代までで退店する傾向があります。

コスプレ衣装やそれに合うメイクが出来るのは、若い時期だけという印象があるからです。

もちろん、熟女系のイメクラなら30代以降の女性でも活躍出来ます。

一般的なコスプレ風俗ですと、やはり20代前半が在籍女性の平均年齢でしょう。

コスプレ風俗に30代女性が在籍しているとしたら、見た目年齢が若い女性です。

風俗では、年齢制限に引っかかっても、見た目年齢が若ければ採用率も上がります。

コスプレ風俗で大事なのは、「風俗客から見て何歳に見えるか」なのです。

見た目年齢が若ければ、店年齢も20代として表記出来るわけです。

コスプレ風俗に向いている女性の特徴3選

コスプレ風俗で働くのに向いている女性には、3つの特徴があります。

1つ目は、コスプレが好きな女性です。イメクラでは、出勤毎にコスプレ衣装を着用することになります。コスプレが嫌いなのを隠して働いても、いずれ接客に支障を来すでしょう。

2つ目は、20代前半から20代後半の女性です。
見た目年齢が若ければ、30代以降でも面接に挑戦してみましょう。
ただ、原則として、若い時期にイメクラで働いた方が、指名をもらいやすいと言えます。

3つ目は、平均的なスタイルの女性です。
取り立てて容姿端麗というわけでなくとも、太っていないに越したことはありません。なぜなら、イメクラで用意されるコスプレ衣装は、最高でもLサイズまでだからです。LLサイズを用意する店舗もありますが、衣装のパターンが決まってしまいます。

まとめ

今回は、コスプレ風俗と他の風俗の違いについてお伝えしました。

コスプレ風俗で働く女性は、平均年齢が若くコスプレ好きです。

20代前半から20代後半の女性の在籍数が最も多く、風俗業界初心者も働けます。

面接に応募する際は、コスプレ風俗のコンセプトに合っているかどうかを確認しましょう。