世界の風俗事情~青年よ、精子を抱いてパタヤを目指せ~

世界の風俗事情

金銭の授受を伴う本番行為って違法なの?

ご存知の通り、日本においての売春、買春は「違法」ではあります。

ただ、「売春防止法」が存在するので当然合法とは言えないのですが、それを処罰する刑罰規定はないという……

何とも言えない微妙な感じ。

つまり、「本番行為」自体は違法ではなく、公共の場での勧誘や斡旋が違法というこの法においての「現行犯」は、「本番行為」ではなく売春の「管理」の現場を押さえられた時ということになりますね。
(ただし、18歳未満者への買春行為は児童買春禁止法で裁かれることになります)

要は援助交際や立ちんぼは、行為中よりもその前後のやりとりが問題となるわけです。何か、妙に不思議な感じがしますよね?(笑)

え?じゃあソー〇や飛〇新〇はどうなるんだって??

それはね、売春や買春が合法だった時代の「名残り」であり、がんじがらめの管理社会に残された、僅かばかりの「曖昧さ」なのかもしれません。

YESでもNOでもなく、SAFEでもOUTでもない「グレーゾーン」

それが一切ない社会がいかに面白みがないかは、日本人であれば想像がつくと思います。日本(日本人)って色んな意味で、曖昧でしょ?(笑)

さて、ところで風俗業界の実情についてですが、果たして

これに関してはね、興味のある人は自分自身で確かめてみて下さい。

筆者が経験上言えるのは、
『男と女がまぐわうのに必要なのは、単純にいえば「鍵のついた扉」のみであり、扉の中はいつでも「灰色の世界」だ』
ということです。

特にデリヘル、ホテヘルなどは全部「密室の中の出来事」ですからね。

禁じられた場所で起きるハプニングは、「禁じられているからこその醍醐味」なのかもしれませんね。

若い男性の皆様、どうぞ豊かな青春を送り下さいね。

世界の売春・買春事情はどうなってるの?

 

さて、では日本以外で「女遊び」をする場合のルール、システムはどうなっているのでしょう?売春・買春行為が合法か違法かを下記にまとめてみました。

売春・買春行為が合法である主だった国々(2018年6月現在)

ヨーロッパ
ハンガリー オーストリア ポーランド イングランド スウェーデン ポルトガル フランス フィンランド ノルウェー デンマーク スイス ギリシャ オランダ チェコ ドイツ(無法のエリアが大半)

アジア
ニュージーランド 台湾 タイ シンガポール インドネシア インド

南米
アルゼンチン ブラジル

アフリカ
南アフリカ チュニジア モロッコ

オセアニア
オーストラリア(一部地域除く)

こうやって並べてみると、ヨーロッパは全域に渡って売春・買春が「合法」といっても過言ではない状況ですね。

世界的な潮流としては、合法が普通という状況になりつつあるようで、アジアにおいても超大国である中国に合法化の動きがあるそうです。

そうなってくると、いずれはアメリカや日本でも合法化される日がくるかもしれません。

日本男児としては、その潮流が世界を一色に染めることを期待するのみですね(笑)

青年よ、パタヤを目指せ!

さて、それでは具体的に海外で女性と遊ぶならどこが良いか、海外風俗に詳しい某スポーツ誌記者A氏にインタビューしてみましょう!

それではAさん、初心者の方でも安心して楽しめる、お勧めの海外風俗を教えて下さい。

とりあえず治安の良い国限定でお願い致します(笑)

そうだなぁ……ベタなとこだとドイツの国営風俗「FKK」だね。

日本の健康ランドみたいな場所……

 

ま、豪華な一軒家風の建物だけど、そこに裸の美女が山ほどいて、選んだ子と交渉後、部屋やら野外やらでHができるっていう仕組みだね。

 

「まさにハーレム」って雰囲気で、男にとっては桃源郷みたいなとこだよ(笑)

す、凄いですね!ちなみにそこはお幾らくらいですか?

 

お店の数が多いから一概には言えないけど、日本円で20000円あれば十分楽しめるね。

 

女の子のレベルも高いし、向こうから話しかけてきてくれるからプレイまでもスムーズだし、女の子は日本人客にも慣れてるし、ゴムもするから衛生面も安心だし、夜の帰路も治安は良いしで……全体的に「安心だらけ」だと思うよ。

 

す、すげ~!そこがお勧めナンバー1ですか?

いや、ただヨーロッパの女性には日本人の男性を満足させる「控えめさ」が足りないからね。

 

何せ金髪美女は自分から腰振って「オーイェー」ってノリが多いから(笑)

 

そういう意味ではお勧めはダントツでタイのパタヤだね。間違いない。

 

タイって……あの罰ゲームの「タイキック」の??

 

そそ(笑)マッサージパーラー(ソープ的な風俗)ゴーゴーバー(水着で踊る女性をお持ち帰り)出会い喫茶(直接交渉でお持ち帰り)など、多種多様な風俗がある上に、親日国だから現地の人が友好的だし、スリさえ気をつければ治安も良くて、海外風俗の入門にはこれ以上ない環境だと思うよ。

 

もうね、とにかくパタヤは、エロ一色な蛍光色の街。

 

そりゃ、女の子の質はFKKには及ばないし、値段も昔に比べればかなり上がったけど、それでもまぁ、20000円あればどんな風俗、どんな女の子とでもだいたい遊べると思う。

 

世界の夜を巡るのなら、「最初はパタヤから」が無難だね。ちなみに僕もパタヤがスタート地だったから(笑)

……というわけで「青年よ、精子を抱いてパタヤを目指せ!」が結論です(笑)