おっパブって風俗なの?それとも飲み屋なの?

迷う男性
「おっパブ」と「セクキャバ」って何か違う??

ところで皆さん、「キャバクラ」っていうのが「キャバレー」+「クラブ」でできた造語なのはご存知ですよね?

でも何がキャバレーの定義で、何がクラブの定義なのかまでハッキリ言える人って、なかなかいないと思うのです。

それを1つ1つ挙げていったところで面白くもなんともないので今回は省略しますが、要は女性がついてお酒が飲める店の営業形態により、酒場の名称は変わるということですね。

セクキャバとおっパブは何が違うのか?

比較

さて、では「セクシーキャバクラ」「おっぱいパブ」は何がどう違うのでしょうか?

これは厳密には当初は「異なった」のかもしれませんが、今はもう、ほぼ同義語になりつつありますね(お店のルールによりけりですが!)

要は、もともとあった「キャバクラ」(会話とお酒を楽しむ場)から、ちょっとハードな「いちゃキャバ」(服の上からなら常時女性の上半身に触れるレベル。キスもOK)が派生し、その後、例の如く「おっパブ」「セクキャバ」(常時女性の上半身に直接触れる。キスもOK)へとエスカレートしていったわけです。

今では、どれが「おっパブ」でどれが「セクキャバ」なのかは、もう考える必要がないように思います。

つまり「常時女性の体直接触れてキスもハグもできる風俗未満の酒場」が「おっパブ」「セクキャバ」と考えて、おおよそ大丈夫です。

※巨乳の女性を揃え、おっぱい好きのために「おっぱいに特化した」から「おっパブ」って名称を付けているお店も当然あります。

おっパブやセクキャバでも店によってルールが変わる

ルール

確かに「いちゃキャバとセクキャバが同義語で「おっパブ」だけが異質じゃねーの?」という意見もありますし、事実、店々によってルールはまちまちなんで、多少の下調べは必要かも分かりせん。

大抵「おっパブ」やら「セクキャバ」なんて、行ったことある人に誘われて連れて行かれるもんですからね(笑)

その辺は先輩にルールをちゃんと聞いてから、入店することを推奨します。

ただし!好きに触れるとはいって、当然、そこは風俗店でも無法地帯でもありません(笑)必ず下記統一ルールは覚えておきましょう!

「おっパブ」に行く前に覚えておきたい統一ルール

  • 女性器へお触りはNG。
  • 一応、飲み屋ですから(笑)そこはさすがに……ね。

  • 女性器への指入れももちろんNG。
  • お触りがNGなわけですから、指入れがOKなわけがないですよね(笑)

  • 男性器の露出もNG。
  • 気持ちは分かりますがね(笑)再度書いときますが「一応」飲み屋ですから(笑)

  • 当然「ヌキ」もNG。
  • 手コキ的にズボンの上からさすってはくれるのでパンツに暴発するのはご自由ですがね、さすがにズボンを脱いでのフェラや手コキでの「ヌキ」はNGですね(笑)

さて、ルールはOKですか?それでは、「おっパブ」Q&Aの方に移りましょう!

「おっパブ」への疑問に答えるQ&A

Q、値段は幾らくらいですか?
A、7000~9000円の間くらいですね。平均8000円ってとこです。

Q、遊べる時間はどれくらいですか?
A、1セット40~50分ってとこですね。

Q、天内はどうなっているんですか?
A、個室形式の仕切りがあるところもあれば、オープンスペースの店もありますね。

Q、その他、頭に入れておいた方が良いことってありますか?
A、「サービスタイム」として、照明が落ち、女の子があなたの膝に跨り、胸を押し当ててくる……などという演出があるお店がよくありますね。

「おっパブ」を10倍楽しむには?

楽しむ為に

当然のことながら、おっパブ嬢も人間ですから、1人1人に「好み」があります。

実際「おっパブ嬢を口説き落として彼女にした」とか「店外で会ってハメた」などという話は枚挙にいとまがありません。実はそれにはちゃんと理由がありまして、要は「おっパブ嬢は風俗嬢にあらず」ということなんですね。

どういうことかといえば、彼女らは貰えるお金の対価としてきちんと接客はしても、「プロ意識」「職業意識」は低いということ。

同じH系のお店で出会うにしても、ホテヘル嬢やソープ嬢を口説き落とすことにくらべれば、おっパブ嬢を落とすのは比較的簡単といえます。

ただ、固定客が重要で店外も辞さないキャバクラ嬢と異なり、いちげんさんが多いおっパブ嬢は、純粋に好意を持たないとデートなんて絶対受けません。

というわけで、どういう振舞いをすればおっパブ嬢を落とせるか、他のお客よりも良いサービスを受けられるか、その「秘伝のコツ」を大公開してゆくことにします!

おっパブ嬢を口説くための「秘伝のコツ」

口説く

  1. がっつかないこと!
  2. いきなりおっぱいにむしゃぶりついて嫌われないのは相当なイケメンくらい。
    一応、おっパブは社交場ですから、必要最低限の会話と誉め言葉くらいは経てから行為に及ぶべきです。無論、オラオラ厳禁、礼儀正しく、硬すぎず、チャラすぎず。

  3. 極力、向こうのペースに合わせてあげること!
  4. あなたにとっては「非日常的」でも、相手にとってはそのエロが「日常」でしてね。
    正直、おっパブ嬢は疲れています。ガンガンガンガン自分の欲求をぶつけてばかりだと向こうも(は~あ)ってなもんですから、プレイに関しては極力向こうの誘導に乗ってあげながら、欲することは織り交ぜてゆきましょう。優しさと余裕が大事です。

  5. とはいえ、「ただの良い人」には絶対ならないこと!
  6. とはいえ(優しさと礼儀を持って挑んだがために向こうに手抜きをされて全然楽しめなかった)というのは本末転倒もいいとこです!

    時間は1時間もないわけで、いかにその中で「楽しんだ上で口説き切るか」というのが最も重要。

    要は「バランス感覚」がなければおっパブ嬢は落とせないのです。さっきも書きましたが、欲することは織り交ぜて、ガンガン欲望をぶつけてゆくことが肝要。

    その上で、相手を褒め倒しながら「我慢できない」「また会いたい」「連絡先交換しよ」等を耳元での囁き、向こうのリアクションを確かめながら、脈の「ある」「なし」を確認しましょう。そして脈がある場合は、さっさと連絡先をゲットして、後に彼女の体を堪能して下さいね♪

  7. スカすな、落ちるな、固まるな!
  8. 仮に、その時間の中でおっパブ嬢を口説き落とせなかったとしても、相手に夢中になってあげれば、向こうも気分よく仕事ができるというものです。

    乳首や股間を必要以上に責めてくれたりと、あなたが損をすることは絶対にないでしょう。

    逆に、損をするのは「気取っている人、醒めている人、緊張している人」この3パターンです。

    先述した通り、おっパブ嬢は「プロ意識」「職業意識」が低い普通の女の子ですから、面白くない場を面白くはしてくれません。

    まずはあなたがいい意味で「バカになって」はっちゃけてあげること!

    おっパブのノリは、どこまでも「無礼講」なのです!

    いかがでしたか?もうお分かりになったと思いますが、しっぽり、人生を語り合いたい友人とは居酒屋に行って下さいね(笑)

    「おっパブ」とは、あくまで非日常的な「ノリ」を楽しむ場所であり、「バカになりきれる者」だけの楽園なのです♪