【初心者向け徹底解説】風俗ってオプションなしでどこまでできる?

風俗

「最近風俗デビューしたけど、まだ仕組みがよくわかっていない」ということはありませんか?
特に、追加料金を払うことで風俗嬢にちょっとフェチでマニアックなプレイをしてもらえるオプション。

どこからどこまでがOKで、どこからどこまでがNGなのかいまいち分かりませんよね?

  • 基本プレイとオプションは何が違うの?
  • 生フェラと即尺ってどう違う?料金は?
  • コスプレってどの店でも無料なの?

風俗初心者の方のために、今回はそんな今さら人には聞けない疑問にまとめてお答えします!

そもそもオプションってなに?

オプションとは、お客さんから追加の料金をいただいて行う追加サービスのことを指します。

  1. お客さんが、お店で設定された価格の料金を払う
  2. 有料オプションが追加される
  3. 風俗嬢が、お客さんが追加したオプションの料金の全額、または一部をバック(報酬)としてお店から受け取る

という流れで、風俗嬢にお金が回っていく仕組みになってます。

風俗嬢がそれぞれできるオプションサービスは、お店ではなく風俗嬢本人が決めるケースもあります。なので、

  • 聖水はOKだけど飲尿はNG
  • 生フェラはOKだけど、即尺はNG

というように、追加できるオプションと追加できないオプションが風俗嬢によってバラバラです。また、ハードで女の子の体の負担が大きいアナルファックや、メイク直しや洗髪など、プレイ後の片付けで女の子側の手間がかかる顔面発射などは、そもそもお店の項目にない場合もあります。顔射の場合は口から下のみOKなど、お店から制限がかかる場合もあります。こればかりはお店や風俗嬢の希望によります。

コスプレやおもちゃがお店から貸し出される場合は、女の子がもらう追加料金から差し引かれ、道具のレンタルが絡まず、後片付けで女の子が体を洗うだけで終わるという場合は全額風俗嬢のバックになるということが多いようです。

デリヘルの追加オプションのプレイ内容は?

ソフトなプレイからハードなプレイまで、お客さんの様々なフェチに応えられるようにお店が項目を設定しています。


コスプレ


デリヘルやイメクラなどでは、数多くの風俗店で用意されている制服などのコスチュームをお客さんが指定することで、そのコスチュームを風俗嬢に着てもらってプレイすることができます。

女子高生制服、ナース、メイドなど、お店のコンセプトによっては特定の種類の服の品揃えが多いということもよくあります。そのようなお店は、雰囲気や看板など大々的にアピールされていることも多いです。

よくある注意点としては、

  • コスプレに使う衣装は店側が用意したもの以外は使えないことがほとんど
  • 支払ったオプション料金の中にはプレイが終わった後の衣装のクリーニング代も含まれている

ということです。
特にコスプレプレイに使える衣装がお店が用意したもの以外は使えないという点については、あらかじめお店のホームページでお断りされていることも多いです。
お客さんが独自で用意したものだと、衣装に細工して風俗嬢にいたずらしちゃうことだってできちゃいますし、衛生面や安全面で問題がありますからね。

一方、学生プレイや患者プレイを売りにしているイメージプレイ系のお店では、そもそもコスプレの衣装がないとお客さんとのプレイが成立しないということもあります。
そのようなお店では追加料金なしでコスプレ衣装を女の子が着てくれるという場合が多いようです。


聖水(放尿)


何やら仰々しく隠語くさい名前ですが、風俗嬢がおしっこをすることを指します。
女の子が放尿する姿に興奮するお客さんもいますし、女の子の尿を顔や体に浴びたいというお客さんもいます。
中には、女の子のおしっこを飲みたい、むしろ自分のおしっこを女の子にかけたいというお客さんも少なくありません。多分、皆さんが想像しているより実際にオプションで注文するお客さんの数は多いと思いますよ。


電マ、ローター、バイブなどのおもちゃ


大人のおもちゃと呼ばれる道具の数々をお店が貸し出してくれます。
お客さんが風俗嬢をイかせたいときに使われることが多いのですが、お客さんが女の子にイかせてもらいたい、いわゆる「M性感」のお店では女の子がお客さんに使用することが一般的です。

コスプレ衣装と同じように、道具の殺菌・消毒など衛生上や安全面での問題があるため、コスプレ衣装と同じくお店が貸し出しているおもちゃのみ使用可能であり、お客さんが自前のおもちゃを持ち込んで女の子に使用することは禁止しているというケースがほとんどです。

特に刺激が強いのは電マで、女の子をイかせたい、自分がイきたいというときに使いやすいおもちゃになっています。


オナニー鑑賞


お客さんの目の前で女の子がオナニーをするプレイです。
女の子がオナニーをするのをひたすらお客さんが見ているだけというプレイもあれば、女の子のオナニーを見ながらお客さん自身も一緒になってオナニーをする場合があります。


顔面発射(顔射)


女の子の顔にお客さんが射精するプレイです。ぶっかけともいいます。
ぶっかけられた女の子は白い精液で顔がベチャベチャになるため、征服欲を満たしたいお客さんに人気のオプションです。

女の子の口周りや女の子の口内に射精して、そのまま精液を飲み込んでもらう「ごっくん」というオプションもありますが、顔射とごっくんは別料金であることがほとんどです。


即尺


洗っていないお客さんの男性器をフェラチオすることです。
感染症や心理的なハードルがごっくんと並んでとても高いので、人によってOKとNGが非常に分かれやすいオプションです。即尺の直前になって洗っていないことが分かった場合、性病のリスク回避のためにフェラチオをお断りされることもあります。ほとんどのお店では、注文の際に「フェラチオさせる場合、あらかじめ洗っておいてください」というおことわりを入れられたり、お店のホームページにその旨が記載されていることが多くあります。

オプション料金の相場ってどのくらいなの?

オプションの価格設定はお店や風俗嬢によってバラバラですが、比較的メジャーなオプションの料金の相場は以下の通りです。

  • コスプレ ~3,000円
  • 電マ、ローター、バイブなどのおもちゃ ~2,000円
  • オナニー鑑賞 ~2,000円
  • 顔面発射(顔射) ~5,000円
  • 聖水 ~2,000円
  • 即尺 ~4,000円

追加オプションの料金はもともとの利用料金に上乗せになる場合がほとんどです。
およそオプション追加料金の半分から全額が、風俗嬢のバックとして女の子本人に支払われます。

オプションなしの基本プレイってどんなの?

これまでに挙げたオプション項目を利用しなくても、基本プレイのみで十分気持ちよくなることが可能です。

たとえば、即尺は女の子の希望で断られてしまっても、お店が基本プレイとして設定している生フェラであれば、追加料金なしで女の子にしゃぶってもらえるということがあります。
また、お店によっては即尺自体が基本プレイに含まれているというケースもあります。

ほとんどのお店で行えるオプションなしのプレイ内容としては、

  • キス、ディープキス
  • 全身リップ
  • 素股
  • シックスナイン

などが定番となるでしょう。


全身リップ


体の一部だけではなく、頭から足先まで唇や舌を使って舐めまわすことです。
とはいっても、本当の意味で全身を舐めまわすプレイは風俗の中でも比較的マニアックで高級なプロフェッショナルが集まる高級店で初めて味わえるということがほとんどです。
多くのヘルス店ではお客さんが感じやすそうな乳首や首筋を唇や舌を使って舐めまわし、愛撫する行為が中心になるため、恋人同士が行うディープキスの延長という意味であることが多いです。


素股


女性器を男性器に挿入せず女の子の股に挟み込み、その圧迫感や摩擦で快感を得ることです。
挿入自体をしないプレイですが、女の子の股の快感やお客さんから見える視覚的な刺激をうまく利用して、挿入より気持ちよくなるお客さんもいます。


シックスナイン


69とも呼びます。男女が相手の性器をお互い同時に口で舐めあうことです。
男女間で上下の決まりはありませんが、やりやすいと言われているのは男性が下になり、女性がその上に乗るスタイルです。
お互いがお互いをフェラしあうという体位のため、男性が上になると女性が角度的にフェラしにくいという問題がありますが、むしろキツい体位がかえって気持ちいいというお客さんもいます。

まとめ オプションなしでもヘルスは十分楽しめる!

追加料金を支払ってオプションを使わないと気持ちよくなれないということはありません。
特に素股やシックスナインなどはテクニックを磨けば追加オプションを使った場合より満足できることもあります。
また、風俗嬢の間でも得意不得意があるため、オプション付きのプレイよりオプションなしのプレイの方が気持ちよくなれるという場合も往々にしてあります。

お店によっては、基本プレイ内容の中に自分がオプションで頼もうと思っていたプレイが含まれていたという場合もあります。
なるべく料金をかけずに自分の好きなプレイを楽しみたい場合は、あらかじめホームページなどで情報収集しておくと節約しながら希望通りのプレイが楽しめるお店を見つけやすいでしょう。